金ETF

株式と同じくらい気軽に投資できる金ETF

株式と同じくらい気軽に投資できる金ETF

ETFとは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)の値動きに連動するように運用を目指す投資信託のことです。「Exchange Traded Funds」の頭文字をとりETFと呼ばれています。通常の投資信託と比較した際に取引手数料が安いため複数の銘柄への分散投資が実現でき、株式と同様に市場で柔軟に売買できることから、個人・機関投資家問わず、幅広い投資家に活用されています。

金ETFの特長

実物の金に交換できるETFもある

金地金の現在価値(理論価格)などの価格に連動してファンドの価格も値動きをする上場投資信託(ETF)のことです。2017年6月現在、国内の証券取引所に5種類のETFが上場しています。別名で金価格連動型上場投資信託とも呼ばれています。また、「純金ETF」というものもあり、信託財産として地金の現物を保有する受益証券発行信託などもあり、実際に投資しているETFから実物の金に転換(交換)できるものもあります。

純金上場信託(金の果実) 金価格連動型上場投資信託 SPDR ゴールド・シェア受益証券 ETFS金上場投資信託 国内金先物価格連動型上場投信
銘柄コード 1540 1328 1326 1672 1683
連動対象 金地金の現在価値(理論価格) 1グラム当りの円表示の金価格 金地金価格(ロンドン金値決め) 金地金価格(ロンドン金値決め) 金先物価格東京工業品取引所の先物市場における金標準取引の期先限月の清算値
投資資産 金価格連動債券 金先物
金現物の裏付け あり なし あり あり なし
地金との交換 不可 不可 不可 不可
管理会社 三菱UFJ信託銀行 野村アセットマネジメント ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシー E T Fセ キュリティーズ・マネジメント・カンパニ ー・リミテッド みずほ投信投資顧問
上場市場 東京証券取引所 大阪証券取引所 東京証券取引所 東京証券取引所 大阪証券取引所

金ETFの最低取引金額

金CFDなら「1,419円」から投資できる

ETFとCFDともに5,000円以下で投資ができます。とくに、CFDはレバレッジを効かせることができるので、「1,419円」から投資ができます。ETFと同じ投資額でも短期間で、かつ、利益幅を大きくることもできます。少しでも投資をやってみたいという方にオススメです。

種別 ETF CFD
銘柄 純金上場信託(金の果実) GOLDmicro(XM)
最低取引金額
(1口あたり)※
4,250円 1,419円

※2016年2月時点の価格です。

金ETFの取引時間

金CFDならほぼ24時間取引可能

ETFは、東京証券取引所の取引時間内(9時から15時)でしか取引ができません。CFDであれば、世界で金(GOLD)が取引されている時間内であれば、ほぼ1日中取引ができます。

種別 ETF CFD
銘柄 純金上場信託(金の果実) GOLDmicro(XM)
取引時間※ 9時~15時 23時間

金ETFの取引手数料

金CFDなら取引手数料が0円

ETFは、株式同様に購入手数料がかかります(売却時も同様)。一方でCFDであれば、取引手数料が0円(スプレッドはあり)で信託報酬もありませんので長期間投資したい方にもオススメです。

種別 ETF CFD
銘柄 純金上場信託(金の果実) GOLDmicro(XM)
購入手数料
(1口あたり)
139円※1 0円※2
信託報酬
(保有コスト)
0.42% 0円

※1.SBI証券のスタンダードプランで購入する場合です。
※2.買値と売値にスプレッドがあります。