FX.ACADEMY > ピックアップ > 【実例あり!】海外FXの口座凍結・出金拒否ってあるの?

【実例あり!】海外FXの口座凍結・出金拒否ってあるの?

ルールを把握しておけば出金拒否はない

海外FXの口座凍結や出金拒否というと詐欺まがいのFX業者を思い浮かべると思いますが、規制当局に許認可や登録を受けている業者でも出金拒否や口座凍結をするFX業者も確かに存在します。ですが、大概はFX業者ではなく、トレーダーに問題があるのがほとんどです。ルールを把握し、守っていれば出金拒否や口座凍結はリスクはほとんどありません。

海外FXに口座凍結・出金拒否はあるの?

結論からいえばYESです。ただ、海外FX業者と言っても星の数ほどFX業者が存在している中で、詐欺まがいなことをしているFX業者はトレーダーが離れ、どんどん淘汰されています。FX業者が長期的なビジネスとしてトレーダーを取り込もうとしているなら、出金拒否や口座凍結をするメリットが何もありません。寧ろ、ブランド価値の低下を招き、トレーダーが離れるリスクのほうが大きいです。ただし、注意が必要なのがボーナスの取扱いや長期間の取引なしの場合など、トレーダーの理解不足によって、出金拒否や口座凍結は考えられます。

海外FXの取引が長期間ない場合

海外FX業者に口座開設を行い長期間(90日間が目安)取引がないと口座凍結される可能性があります。たとえば、XMであれば、90日間取引がないと休眠口座扱いとなり、1ヶ月ごとに口座管理費として5ドルの手数料が口座残高から引かれていきます。また、120日間口座残高がゼロになると口座凍結となり、ログインができなくなります。ただし、サポートに連絡すれば、口座凍結の解除はできますのであまり心配はいりません。

ボーナスの不正取得

海外FXにはボーナスと呼ばれる新規口座開設や入金時にもらえる特典があります。ですが、見た目的には口座残高がボーナス分増えますが、実際にはもらったボーナスを出金するためには条件があったりします。また、そもそもボーナス自体は出金できず、ボーナスを証拠金として使い、利益が発生したときに利益分を出金できるようなボーナスもあります。

XM
ボーナスは取引目的にのみ付与されており、出金できません。当社はボーナスの支給によりお客様がより大きなポジションを開き、また保有ポジションをより長く維持できるお手伝いをしています。ボーナスによって得られた利益はいつでもご出金いただけます。
Land-FX
一定量の取引き条件を満たす必要があります。

禁止されたトレードを行った場合

海外FXで使用されているツールにMT4があります。このMT4の中にシステムトレードができるEAと呼ばれる機能がありますが、このEAを使って極端に頻度の多い取引やアービトラージ取引などFX業者が禁止している取引を行っていると口座凍結や出金拒否になる場合があります。

出金拒否が起きた事例

IronFX
IronFX といえば、2011年?2013年の間急成長したものの、2013年半ば中国市場での不正行為を発端にガタガタと崩れ落ち、現在では30億の不払いと160もの裁判に追われる詐欺会社です。そのIronFXですが、FXGiant のブランド名で新たな営業を開始しています。
http://www.kaigaifx.com/blog/2016/03/fx-75.html
YouTradeFX
去年、出金遅延がポロポロ発生しだし、秋に経営陣が変りました。その後も、担当者やマネージャーレベルでは出金遅延の問題をなんとか正していこうと、弊社とも何度も話し合いをし、改善に向けて努力されていましたが、経営陣の方針を変えることができずその後も出金拒否が相次ぎ現在に至ります。
http://www.kaigaifx.com/blog/2015/11/ironfxyoutradefx.html

信頼できるFX会社はライセンス保有

このほかにノーライセンス業者の口座凍結や出金拒否の可能性が高いです。金融ライセンスの保有していない海外FX会社はリスクが大きく、資金管理もずさんなことも多いため入出金をまともに行わない可能性があります。各金融ライセンス「CySEC」「FCA」「ASIC」を持っているFX業者を選択するようにし、入出金や取引の公平性を国家が担保していないFX業者とは取引しないようにしましょう。

出金拒否と勘違いしないために

「出金条件を満たしてい」「書類に不備がある」といったことがあると海外送金に通常よりも時間がかかることがあります。特にボーナスは出金できないか、一定の取引数が必要な場合が多いので注意したほうがよいでしょう。

要チェックポイント

  1. 出金希望額が出金可能額を超えている
  2. 登録情報や本人確認書類に不備がある
  3. ボーナスの条件を満たしていない
  4. 海外送金のため何日もかかる
  5. 出金手数料を忘れている
  6. 入金方法と出金方法が一致しない

どれも少し、チェックすればわかるようなケアレスミスですが、トレーダーの中には不慣れな英語でのミスがあり、そのストレスからよく確認をしないでそれを出金拒否と勘違いされる方が多いようです。特にボーナス条項などは、FX業者をそれなりに利益を出させないとそのボーナスが付与されないのが主流です。ボーナスはトレーダーがFX業者にもたらせた利益の一部を投資家に還元するものですから過大な期待は禁物です。

まとめ

金融ライセンスを保持していても、その海外FX業者が突然ノーライセンスになるなんてことも稀に存在します。その見抜き方として「法外なボーナスを設定していないか」をしっかりと見るようにしましょう。なぜなら、FX業者というのは、スプレッドの仲介手数料によって利益を稼いでいるのですから、トレーダーからの手数料がないと経営が成り立ちません。また、一度でも出金拒否や出金までに時間がかかることがあれば即座にそのFX業者から手を引くようにし、できるだけ評判のいい海外FX業者に移行することをオススメします。