FX.ACADEMY > ピックアップ > くりっく365 VS 海外FX(ECN)!スプレッドを徹底比較!

くりっく365 VS 海外FX(ECN)!スプレッドを徹底比較!

すべらないけどスプレッドが広い

くりっく365は、取引所FXであるため、スプレッドや約定力にとても定評があります。店頭FXでありがちな「すべった」ということがほぼありません。しかし、2013年10月から取引手数料が完全無料化され、それに伴い、スプレッドが拡がりました。取引コストと言う意味で考えれば安くなりましたが、店頭FXと比較すると、かなり割高感が否めません。そんな、くりっく365のスプレッドに不満を持っているトレーダーに向けて、スプレッドが「狭く」、かつ、取引条件が「取引所FXと同等」の「海外FX(ECN)」について、両者のスプレッドを比較しながらご紹介します。

海外FX(ECN)は取引所FXに似ている

海外FX(ECN)について簡単に説明しますと、海外FXには「ECN」「OTC」の2種類の取引方法があります。日本国内にも取引方法(取引所FX、店頭FX)による違いがありますが、それと似たような違いが海外FXにもあります。

ECN方式

電子取引所取引のため、インターバンク直結でトレーダーが取引を行う方式です。取引所を介するため、FX業者がレートを調整することができないため、透明性の高い取引が実現できます。ただし、FX業者はスプレッドで利益を出せないため、取引毎に手数料が発生します。国内では取引所FXの「くりっく365」と似たような取引方法です。

OTC方式

FX業者がトレーダーに対してレートを提示して、FX業者とトレーダーとの間で取引を行う取引方法です。FX業者が提示するレートの中に取引手数料を含ませることで、別途取引手数料が発生しない仕組みになっています。国内では店頭FXの「DMM FX」「クリック証券 FXネオ」などに似た取引方法です。

くりっく365 VS 海外FX(ECN)

種別 ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 ポンド/円
くりっく365
(取引所FX)
3.5pips 3.5pips 3.0pips 4.0pips
XM Zero
(ECN)※
0.6pips 1.1pips 1.5pips 1.6pips

※.1万通貨あたり片道0.5USDの取引手数料を上乗せています。

海外FX(ECN)の方が圧倒的にスプレッドが狭い

単純にスプレッドを比較しますと、海外FX(ECN)の方が圧倒的にスプレッドが狭いです。海外FX(ECN)には片道ごとに手数料が発生しますので0.5pips程度上乗せしたスプレッドにしておりますが、その分を加味したとしても、くりっく365よりも狭いスプレッドで取引できます。

くりっく365ラージ VS 海外FX(ECN)

くりっく365ラージ

取引手数料が完全無料化され、その分、スプレッドが拡がっておりました。狭いスプレッドを要望しているトレーダーの方向けに、取引手数料ありですが、狭いスプレッドで取引できる新しい商品です。

種別 ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 ポンド/円
くりっく365ラージ
(取引所FX)※1
0.87pips 0.93pips 1.31pips 2.21pips
XM Zero
(ECN)※2
0.10pips 0.60pips 1.00pips 1.10pips

※1.10万通貨あたり片道1,000円の取引手数料が必要です。
※2.10万通貨あたり片道5.0USDの取引手数料が必要です。

やっぱり海外FX(ECN)の方が安い

新商品「くりっく365ラージ」と比較してみても、やはり、海外FX(ECN)の方がスプレッドが狭い結果となりました。また、くりっく365ラージでは、往復の取引手数料が2,000円必要となるため、取引手数料を加味した比較をすると、さらにその差は拡がります。

実際のスプレッド

3つとも平均値とほぼ変わらない

3種類の実際のスプレッドを比較してみました。条件は3種類とも同一で「同一時間に計測」したスプレッド(為替レート)になります。結論からすると、平均値とほぼ変わらない値になりました。

XM Zero

XMZeroのスプレッド

公称値の最低である「スプレッド0」がドル円だと時折見られます。平均だと「0.2pips程度」となっており、公式サイトの平均値よりも高めの数値ですが、大きな乖離はありませんでした。

くりっく365

くりっく365のスプレッド

公称値はありませんが大体ドル円で「3.5pips」とかなり広めなスプレッドです。時折、3.0pipsになる程度ですので、取引手数料が0円なのを加味しても、スキャルピングなどの短期トレードをやるのには向かないです。

くりっく365ラージ

くりっく365ラージのスプレッド

公称値の平均どおり、ドル円で「0.8~1.0pips」と狭めなスプレッドです。時折、0.5pipsになることもありますので、見た目的なスプレッドに問題はないのですが、取引手数料が割高(片道1,000円/10万通貨あたり)なことがネックになるかもしれません。

海外FXに対するリスク許容度

単純にスプレッドを比較しても、海外FXの方が有利な結果となりました。また、日本国内ではレバレッジ規制がされておりますが、海外FXであれば、その規制の対象外となりますので、今回紹介した「XM(XMZero)」であれば最大500倍までの取引をすることができます。また、取引通貨ペアも54種類と豊富ですので、マイナーな通貨ペアの取引をやりたいトレーダーの方にもオススメです。

ただし、一点注意が必要なのが海外FX業者に対するリスク許容度です。紹介しましたXMは、日本国内でも知名度があり、数多くのトレーダーがメイン口座として使われています。ですが、国からの保護(信託保全の義務など)がないため、万が一の際にすべて各トレーダーが対応しなければならない点は注意が必要です。ですので、海外FX業者を選ぶ際には「入出金」「日本語サポート」「ライセンス」が問題なくできるXMのようなところを選ぶようにしましょう。