海外FXの比較・最新情報をお届け!

海外FX / BROKER LIST

FXトレーダーの抜け道「海外FX」

海外FXは日本国内のレバレッジ規制がなく最大888倍といった国内FXよりもより自由なFX取引ができます。それ以外にも、取引方式がNDD取引が基本ですのでインターバンクに直結するようなイメージで取引ができるので透明性が高く、公平性のある取引環境にできます。また、ゼロカット(追証なし)方式を採用しているFX会社がほとんどなので口座残高以上の損失が発生したとしても、その後にFX会社に連絡すれば、口座残高0の状態から復活することができます。

海外FXのメリット

ハイレバレッジ

日本国内のFXのレバレッジは2011年8月から最大25倍と規制されました。これにより、FXで取引する際に証拠金額が1万通貨あたり約48,000円(米ドルの場合)が必要です。ですが、このレバレッジ規制は日本国内のFX業者のみに適応されているのはご存知でしょうか。

レバレッジ規制自体は日本の金融庁から規制されているもののため、日本の法律が適応されない海外のFX業者はこのレバレッジ規制の影響は受けません(ただし、金融庁の登録FX業者は除く)。そのため、海外のFX業者は、最大25倍の括りを守る必要が無いため、レバレッジが最大400倍を超えるようなFX業者も選ぶことができます。

どの程度「証拠金」に違いが出るのかというと、米ドルを1万通貨取引する場合を想定すると、最大レバレッジが25倍であれば、1万通貨あたり約48,000円の証拠金が必要となりますが、最大レバレッジが888倍であれば、1万通貨あたり約1,350円の証拠金で済みます。

海外FX(XM) 国内FX(DMM FX)
最大レバレッジ 888倍 25倍
1万通貨 1,351円 48,000円
10万通貨 13,510円 480,000円

ゼロカット制度

海外FX業者では「ゼロカット」と呼ばれる制度があり、顧客の口座残高がマイナスになった場合に残高を0にリセットします。この制度自体は、海外FX業者が独自に行なっているものであり、ライセンスを取得している監督庁の指示によるものではありませんが、ハイレバレッジが基本になっている海外FXでは必須の制度ともいえます。

ゼロカットされるタイミングとしては、相場の急激な変動(スイスフランショックなど)が起きた場合に保有しているポジションの損失が証拠金よりも多くなったときに発動されます。実際には、ポジション解消後にFX業者が損失を補填する形でマイナスを相殺させることで口座残高を0にリセットします。

ゼロカット方式の海外FX業者は追証の心配なし!

海外FX業者では「ゼロカット」と呼ばれる制度があり、顧客の口座残高がマイナスになった場合に残高を0にリセットします。この制度自体は、海外FX業者が独自に行なっているものであり、ライセンスを取得している監督庁の指示によるものではありませんが、ハイレバレッジが基本になっている海外FXでは必須の制度ともいえます。

ゼロカットされるタイミングとしては、相場の急激な変動(スイスフランショックなど)が起きた場合に保有しているポジションの損失が証拠金よりも多くなったときに発動されます。実際には、ポジション解消後にFX業者が損失を補填する形でマイナスを相殺させることで口座残高を0にリセットします。

ゼロカット対応のFX業者の選び方

ゼロカットのFX業者を選ぶ上で気をつける必要があるのが、公式でゼロカットを謳っておいて、いざ相場の急変動が起きると「約定したレートの改変」「ゼロカットできません」といったことを行うFX業者もいます。そういったFX業者を選ばないためにも、スイスフランショックの際に損失が発生した口座に対して、ゼロカットを通常通り行った実績のある3社をご紹介します。

XM

通常通りゼロカットを実施。今後も追証を請求しない方針に変更はありません。当時のコメントの中に「今回の件における弊社のビジネスへの総括的な影響は取るに足りないものであります。」ととても強気な内容を発表していました。

AXIORY(アキシオリー)

通常通りゼロカットを実施。スイスフランショックの2日後にマイナス残高がある口座に対して、ゼロカットを実施しております。当時のコメントに「当社ではこれらの事態による営業的な影響は全く無く、一部の対スイスフランペアを除く、全ての通貨ペアのトレード、入出金等は全て通常どおり営業しております。」としており、経営に対しても問題ないことを強調しておりました。

FxPro (エフエックス プロ)

通常通りゼロカットを実施。経営に影響するような損失がないこと、マイナスが発生した口座に対してゼロカットを実施し、今後も追証を請求しないことに変更はないとしています。

海外FXのリスク

海外FXを利用すると違法?

結論から言うと「違法ではありません」。個人で海外FX会社に口座開設を行い資金を預入れ、FX取引をすることに違法性はありません。日本の法律を海外で適用させることができません(効力がありません)。イメージとしては、日本国内でカジノをやりお金を賭けることは違法ですが、日本人がラスベガスやマカオでカジノを行うことは合法(日本当局が介入できない)です。日本人が海外FX会社でFX取引することも同様です。

海外FXには詐欺業者や出金拒否はあるの?

結論からいえばYESです。ただ、海外FX業者と言っても星の数ほどFX業者が存在している中で、詐欺まがいなことをしているFX業者はトレーダーが離れ、どんどん淘汰されています。FX業者が長期的なビジネスとしてトレーダーを取り込もうとしているなら、出金拒否や口座凍結をするメリットが何もありません。寧ろ、ブランド価値の低下を招き、トレーダーが離れるリスクのほうが大きいです。ただし、注意が必要なのがボーナスの取扱いや長期間の取引なしの場合など、トレーダーの理解不足によって、出金拒否や口座凍結は考えられます。

海外FX口座は国内FXのスプレッドよりも割高?

広告だけを見ると国内FXなら「ドル円0.3銭~」、海外FXだと「ドル円1.0pips(銭)~」といった具合に見た目的にはスプレッドが広いように見えます。ですが、この違い実際にはほとんどありません。むしろ、実際のFX取引の際には、海外FXの方が有利になることが多いです。理由としては、注文方式の違いです。国内FXは「OTC取引」、海外FX取引は「NDD取引」を採用しているからです。

海外FXはNDD取引(No Dealing Desk)

トレーダーから注文を受けたらそのままその注文をマーケットに流す仕組みです。FX業者がそのマーケットと顧客の橋渡しをする仲介の役目になります。海外FXではこの約定方式が主流です。このNDD取引のメリットは、トレーダーからの注文をそのままインターバンクの流すだけで、FX業者独自のマーケットメイクが入らないことです(レートにスプレッドは上乗せされています)。デメリットしては、大量の注文が出た際には相場の状況が急変動をするリスクがあります。

国内FXはOTC取引(店頭取引)

日本国内では店頭取引と呼ばれます。FX業者内でその売買注文を整理して、カバー先に注文を発注する方式です。国内FXではこのOTC取引が主流になっています。また、この行為をマーケットメイクと言います。最大のメリットは流動性の担保です。大量注文発生時にFX業者が持っている売買を注文を調整して、あとで売りと買いを組み合わせた取引をカバー先に注文するので、相場が変動したときでも安定したレート配信ができます。デメリットはレート操作ができることです。マーケットメイクをするので、FX業者がトレーダーにとって不利なレートを提示・約定させることもできるので、この点はOTC取引の弱点でもあります。

海外FXの入金・出金方法

海外FXの入金方法

日本のFX業者との大きな違いのひとつに、入金方法があります。海外のFX業者での入金方法は銀行を使った海外送金のほかにクレジットカードを使用した入金方法があります。

海外送金(電信送金)

よく海外のFX業者で口座開設を躊躇う理由のひとつにFX業者に入金する際に、海外送金をしなければならないから手数料が高いんじゃないの?ということを仰る方もいます。たしかに、海外送金をすると、例えばドル建てで入金した場合には、為替手数料(為替レートの変動による差損・銀行に支払う手数料)が必要になるので最低でも3,000円程度の手数料がかかります。

クレジットカード

ですが、クレジットカードでの入金であれば、国内のFX業者同様に即時入金が可能で手数料も0円(海外通貨での場合は為替差損が発生します)で済みます。国内で取り扱いのない入金方法ですが、各海外のFX業者は金融業ですので厳格な個人情報の取り扱いをしていますのでその点さえ、取り除くことができれば、入金のハードルはかなり低くなると思います。

決済代行会社(MoneyBookersなど)

MoneyBookersやPAYPALなどの決済代行会社を利用した入金方法も海外のFX業者では多いです。たとえば、MoneyBookersでは、クレジットカードでMoneyBookersに一時的に入金してから、その後、各海外FX業者に入金するという形になります。

特にMoneyBookersは数多くの海外FX業者で既に多くの実績のある決済代行会社です。ですので、一度入金の方法を覚えてしまえば、他のFX業者でも利用することができます。この決済代行会社を使用するメリットの1つとして、PAYPALは、ネットショッピングでの決済にも使用されています。ですので、MoneyBookersの口座残高からネットショッピングなどの支払いを行うこともできます。また、出金の際にも入金した決済代行会社の口座へ出金できるので便利です。

基本的には入金と同じ方法で出金

国内FXの出金は銀行振込のみ

日本国内のFX業者の場合、入金から出金まですべて銀行振込になります。入金はクイック入金と呼ばれる各金融機関が用意している方法を使って入金を行い、出金の際には指定した銀行口座に直接、振込がされる仕組みになっています。

海外FXなら複数の出金方法

海外FXなら「クレジットカード」「国内・海外銀行送金」「決済代行サービス(PayPal、Skrill、NETELLERなど)」「ビットコイン」といった多種多様な出金方法が存在しています。ただし、「入金と出金は同一」という海外FX独自のルールがありますのでどの出金方法でも使用できるわけではありませんので注意が必要です。

海外FXの金融ライセンス、投資家補償基金で安心取引!

ノーライセンス業者の口座凍結や出金拒否の可能性が高いです。金融ライセンスの保有していない海外FX会社はリスクが大きく、資金管理もずさんなことも多いため入出金をまともに行わない可能性があります。各金融ライセンス「CySEC」「FCA」「ASIC」を持っているFX業者を選択するようにし、入出金や取引の公平性を国家が担保していないFX業者とは取引しないようにしましょう。

投資家補償基金(ICF)に加盟しているかが肝

信託保全をしているFX業者でも、破綻したら自身の預け入れしているお金が返金されない可能性もあります。この場合、最終的な手段としてICF、投資家補償基金に加盟していることがポイントです。キプロスの金融ライセンスであるCySECを保有しているFX業者は、このICFに加盟していることがライセンスの許諾の条件となります。万が一にFX業者が破綻し、信託保全を一切していなかったとしても、一人あたり最大2万ユーロまで保証を受けることができます。この保証対象になるのは、信託保全と同様にトレーダーが入金した金額のみとなります。