海外FXの比較・最新情報をお届け!
海外FXの比較 > 取引ガイド > 海外FXのメリットって何?

海外FXのメリットって何?

更新日:2012.3.15

海外FX業者での口座開設をするメリットはやはりレバレッジ規制の対象外だと思います。このレバレッジの規制がないことは、そこに重きを置いているトレーダーにとって他のデメリットを全て消しさるくらい大きなメリットになります。

また、入金の方法で躊躇されているかもいるかもしれませんが、海外のFX業者の殆どでクレジットカードでの入金が可能になっていますので、日本国内のFX業者と同じように即時入金が可能ですので、この点もひとつのメリットになると思います。

他にも、日本国内ではmetatrader4を使用できるFX業者も少しずつ出てきていますが、海外ではすでに多くのFX業者が導入済みとなっています。日本国内のようにレバレッジ規制が上記の通りありませんので、取引の幅を拡げることができます。

ただし、デメリットがないわけではありません。入金の際に海外送金をしなくてはいけなかったり(クレジットカードやPAYPALでの入金もできます)、日本人のサポートが薄いというようなこともあります。最近では日本人サポートを手厚くしている業者も数多く存在していますので日本人OKという表記があればそれほど、心配する必要はないと思います。

10万円程度までならPayPal, 数十万円以上なら円を外貨に両替する手数料も関係しますから、日本のFXのなかでサイバーエージェントFXで現受し、シティバンクのマルチマネー口座へ出金、そして外貨のまま送金するのが一番お得です。(シティバンクはネット支店のeセービング口座なら維持手数料はかかりません。)

この場合両替コストは千通貨当たり30円(1万通貨未満のみ)、シティバンクの海外送金手数料はネットなら3,500円です。(新生銀行以外の銀行ではその他さまざまな手数料が追加されるので不利になります。)
※先に説明した金額の中間帯では両替コストの違いはわずかになりますからどこの銀行などから送金しても大して変わりません。

PayForexはお得な送金手数料ですが、海外のFXなどへ送金には利用できません。その他最近出てきた海外送金方法は、銀行入金にならないのでまず利用できないでしょう。

この記事を書いた人
戸田ココ / FXトレーダー見習い

海外FX比較編集部の中の人です。FX歴は2年程度と浅いですが「レバレッジは神である」を信じ続けて、海外FXにたどり着きました。もっと海外FXを知って、世の中に拡めていくのが目標です。

戸田ココ

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*