海外FXの比較・最新情報をお届け!
海外FXの比較 > 取引ガイド > 海外FXの税金は圧倒的に不利!?

海外FXの税金は圧倒的に不利!?

更新日:2017.1.2

国内FXは「申告分離課税」になるため、国税・地方税を含めて約20%の課税があります。しかし、海外FXの場合、雑所得になるため一律20%の税率ではなく累進課税の総合課税となります。国内FXと海外FXの税制面の違いを把握しておき、どちらがオトクなのかをしっかり覚えておきましょう。

確定申告が必要なFXトレーダーは?

年間20万円以上の利益が出たら確定申告が必要

海外FX・国内FX問わず、確定申告が必要な方は以下のとおりです。注意が必要な点としては、会社に働き給与を持っている方と専業でFXトレーダーをやっている方とでは確定申告が必要な年間利益額が変わります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 15% ¥0
195万円を超え330万円以下 20% ¥97,500
330万円を超え695万円以下 30% ¥427,500
695万円を超え900万円以下 33% ¥636,000
900万円を超え1,800万円以下 43% ¥1,536,000
1,800万円を超え4,000万円以下 50% ¥2,796,000
4,000万円超 55% ¥4,796,000

実際に納税する金額は?

海外FXと国内FXとで納税する金額(税率)が変わってきます。ボーダーラインになるのが年間の所得合計が330万円です。

海外FXは総合課税

年間所得 所得税+住民税 復興特別所得税 合計
¥3,000,000 ¥502,500 ¥10,553 ¥513,053
¥4,000,000 ¥772,500 ¥16,223 ¥788,723
¥5,000,000 ¥1,072,500 ¥22,523 ¥1,095,023

総合課税とは、給与などの所得をすべて合算して税金を計算する仕組みです。総合課税の場合、対象となる所得をすべて合計し、医療費控除や生命保険控除などを差し引き、課税所得に応じて税率を掛けて計算し、納税することになります。

国内FXは申告分離課税

国内FXでの利益は申告分離課税の対象となるので税率は他の所得金額にかかわらず、一律で20%になります。ただし、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間に復興特別税導入されるため、税率は20.315%になります。

年間所得 所得税+住民税 復興特別所得税 合計
¥3,000,000 ¥600,000 ¥12,600 ¥612,600
¥4,000,000 ¥800,000 ¥16,800 ¥816,800
¥5,000,000 ¥1,000,000 ¥21,000 ¥1,021,000

海外FXの税金は経費で安くする、控除がないのだから経費で節税!

海外FXの節税方法はやはり経費を多くすることになります。海外FXで利益を上げるために必要になった経費を計上できます。具体的には海外からの入出金手数料、銀行手数料、FX業者への手数料、インターネットのプロバイダ、接続料金、電話代、セミナー費などありますが、どれも個人の生活に資するものになりますので、経費として計上できるかは最寄りの税務署か税理士の方に相談したほうが賢明です。

まとめ

税制面では国内FXと比べた場合、海外FX圧倒的に不利です。ただ、年間所得によっては海外FXの方が税金が安く済む場合もあります。専業でFXをやる場合、会社に勤めて給与をもらってFXをやる場合で年間所得の金額も変わると思いますので、国内FXと海外FXの税金の違いを把握し、どちらがいいかを判断するようにしてください。

この記事を書いた人
戸田ココ / FXトレーダー見習い

海外FX比較編集部の中の人です。FX歴は2年程度と浅いですが「レバレッジは神である」を信じ続けて、海外FXにたどり着きました。もっと海外FXを知って、世の中に拡めていくのが目標です。

戸田ココ

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*