FX.ACADEMY > 海外FX講座 > 海外FXの「取引方式(NDD/DD)」

海外FXの「取引方式(NDD/DD)」

国内FXよりも有利な海外FXの取引方式

海外FXは「NDD方式」が基本

海外FXの場合、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介在しないNDD(ノーディーリングデスク)方式が一般的です。国内FXの場合、DD(ディーリングデスク)方式が一般的で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが入り、価格レートの調整や約定させる・させないといった部分をコントロールしています。ですが、NDD方式の場合は、ディーラーがいないため、そういった作為的な価格レートの調整や約定しにくいということがありません。

DD(ディーリングデスク)方式

低スプレッドだが不透明なDD方式

DD方式の場合、トレーダーは対金融機関(インターバンク)と取引するのではなく、FX会社とトレーダーとの取引である「OTC取引(店頭取引)」になります。FX会社は一定の注文が集まらなければ金融機関へのカバー取引をせずに、自社で抱えているトレーダーの注文を相殺して処理することもあります。トレーダーの注文を金融機関に流すかどうかは、FX会社のディーラーやアルゴリズムによって決められます。DD方式では、トレーダーが負ければ負けるほど、FX会社の利益が増えていくビジネスモデルです。

メリット・デメリット

メリット
とにかく狭いスプレッドを実現できる

トレーダーからの注文に対して、カバー取引を行わければ、FX会社と金融機関とのやり取りで発生するスプレッドが0で済むため、ドル円0.3pipsなどといった超狭スプレッドを安定的に提供することができます。

デメリット
不透明な価格レートと不利な約定

FX会社の価格レートとカバー先の価格レートは同期していません。あくまでFX会社にとって最善の価格レートを提示しているだけですので、トレーダーから見ると不透明な価格レートの提示を受けることになります。取引量が少量・多量になる時間帯はスプレッドを拡げてFX会社のリスク軽減をしています。また、「リクオート」と呼ばれるディーラーがFX会社にとって不利な約定を弾くなんてこともあります。

主なDD方式のFX会社

FX会社名 カバー先数 主なカバー先
DMM FX 10 Saxo Bank A/S,OCBC Securities Private Limited,Haitong International Financial Services (Singapore) Pte. Ltd.,Effex Capital, LLC,Lucid Markets Trading Limited,AxiCorp Financial Services Pty Ltd,ゲインキャピタル・ジャパン株式会社,Squared Financial Services Limited,ADS Securities,トレイダーズ証券株式会社
みんなのFX 17 ドイツ銀行,バークレイズ銀行,シティバンクエヌエイ,ゴールドマンサックス証券,JPモルガン・チェース銀行,コメルツ銀行,サクソ銀行,セントラル短資FX,Haitong International Financial Services,AxiCorp Financial Services,ADS Securities,Forex Capital Markets,Sucden Financial,ADS Securities London,LMAX,シンプレクスFX・スマートクロス株式会社,Swissquote Bank SA
外為どっとコム 21 シティバンク エヌ・エイ,野村證券株式会社,JPモルガン・チェース銀行,モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インコーポレーテッド,モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー,香港上海銀行 香港本店,バンク・オブ・アメリカ エヌ・エイ,ロイヤルバンクオブスコットランド,ノムラ・インターナショナル・ピーエルシー,ジェイ・アーロン・アンド・カンパニー,ドイツ銀行,バークレイズ銀行東京支店,ユービーエス・エイ・ジー,コメルツ銀行,BNPパリバ,ルーシッド・マーケッツ,株式会社三井住友銀行,株式会社三菱東京UFJ銀行,株式会社みずほ銀行,イーフェックスキャピタルエルエルシー,FXCMジャパン証券株式会社

NDD(ノーディーリングデスク)方式

FX会社はトレーダーとインターバンクとの橋渡し役

NDD方式の場合は、FX会社はあくまでトレーダーとインターバンク(金融機関)とをつなぐための存在になります。FX会社は複数の金融機関(銀行や証券会社)と契約し、カバー先として使用します。カバー先から提示される価格レートの中から最良のbidとaskを探し出し、FX会社は利益(スプレッド)を上乗せし、トレーダーに価格レートを提示します。NDD方式では、トレーダーの取引量が増えるほど、FX会社の利益も増えるため、不透明な価格レートの提示がされにくい仕組みになっています。

メリット・デメリット

メリット
透明性の高い価格レートと約定率

FX会社はトレーダーの取引量を増やすことでFX会社の利益も増えるため、不透明な価格レートの提示や不利な約定が発生しにくいです。トレーダーとFXとで「利益相反」が起こらないため、スキャルピングや自動売買といったことも問題なく行えます。

デメリット
不安定なスプレッド

アルゴリズムやディーラーが介在しないため、スプレッドが拡がったり・狭くなったりを繰り返します。カバー先の価格レートの提示によってスプレッドが拡がるか・狭くなるかは変わってきます。また、カバー先が約定するかしないかを判断するのでDD方式と同様に約定拒否が起こることがあります。ただし、NDD方式であれば、自分だけが不利になることはないため、不透明な印象はあまり受けません。

主なNDD方式のFX会社

FX会社名 カバー先数 主なカバー先
AXIORY 10 UBSUBS Investment Bank,Barclays BankBarclays Bank,Citi BankCiti Bank,UBSMorgan Stanley,Bank of AmericaBank of America,MACQUARIE BANKMACQUARIE BANK,JPMorgan ChaseJPMorgan Chase,NOMURA SECURITIESNOMURA SECURITIES,Deutsche BankDeutsche Bank,UBSBNP PARIBAS
Titan FX 12 COMMERZBANK,JP Morgan Chase,BNP PARIBAS,UBS,HSBC,SMBC,MUFG,NOMURA,NATIXIS,CREDIT SUISSE,SEB,Morgan Stanley
FxPro 10 MorganStanley、Barclays、JPMorgan、Bank of America Merrill Lynch、UBS
TradersTrust 7 Barclays Bank PLC,Credit Suisse AG,UBS,Bank of America Merrill Lynch,Deutsche Bank,J.P. Morgan,BNP Paribas
FXDD 3 Deutsche Bank,JP Morgan Chase,Drescher Kleinwort
XM 不明 不明
BigBoss 不明 大手金融機関数社