海外FXの比較・最新情報をお届け!
海外FXの比較 > 特集 > FXの歴史

FXの歴史

更新日:2012.3.20

「FX」とは、日本語で言うと外国為替証拠金取引と訳されます。「FX」というのは、Foreign eXchangeに由来しています。「FX」は、一定の証拠金(保証金)をFX業者に預託して、主に差金決済により通貨の売買を行う取引のことを指します。

日本では、1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されたことによって一般の取引が可能となり、その後、インターネット環境の整備、ブロードバンドの普及などにより、「FX」の市場も急速に拡大して、現在に至ります。

1998年当初は、「FX」ととりあつかっている業者もダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)や豊商事などわずかでしたが、現在では多くの企業が「FX」取引サービスを取り扱っています。「FX」は証券会社だけでなく、商品先物会社や「FX」を専業とする企業も多く参入しています。

日本ではすでに一般的な投資手法となっていますが、投資の際には大小にかかわらずリスクを伴うことになりますので、事前に「FX」について良く調べて行うことが大切です。

この記事を書いた人
戸田ココ / FXトレーダー見習い

海外FX比較編集部の中の人です。FX歴は2年程度と浅いですが「レバレッジは神である」を信じ続けて、海外FXにたどり着きました。もっと海外FXを知って、世の中に拡めていくのが目標です。

戸田ココ

この記事のシェアはこちらから

コメントを残す

*