海外FX会社リストBROKER LIST

海外FXの4つメリットMERIT

  • 01

    レバレッジ

    レバレッジは無制限

    レバレッジ規制は日本の金融庁から規制されているため、日本の法律が適応されない海外のFX会社はこのレバレッジ規制の影響は受けません。そのため、海外のFX会社は、最大25倍の括りを守る必要が無いため、レバレッジが最大400倍を超えるようなFX会社も選ぶことができます。

  • 02

    追証なし

    口座残高のマイナスをリセット

    「ゼロカット」と呼ばれる制度があり、顧客の口座残高がマイナスになった場合に残高を0にリセットします。ポジションの損失が証拠金よりも多くなったポジション解消後にFX会社が損失を補填する形でマイナスを相殺させることで口座残高を0にリセットします。

  • 03

    取引銘柄数

    FXとCFDが取引できる

    国内FX会社ではドル円やユーロ円といった為替(FX)しか取り扱っていない場合が多いですが、海外FXなら指数(ダウ平均や日経平均)や商品先物(原油や金・銀)などを原資産としたCFDも取引することができ、多いところでは1,000銘柄を超えるところもあります。

  • 04

    短期間の口座開設

    最短15分で口座開設完了

    口座開設はネット上のみで完結するため最短で15分程度で口座開設が完了できます。ただし、注意が必要なのが口座開設した状態では入金をすることはできますが出金をすることができません。必ず、身分証明書などを使って本人確認が必要となります。

海外FXの気になるポイントPOINT

  • 海外FXは違法になる?

    違法性はなし

    個人で海外FX会社に口座開設を行い資金を預入れ、FX取引をすることに違法性はありません。日本の法律を海外で適用させることができません。イメージとしては、日本国内でカジノをやりお金を賭けることは違法ですが、日本人がラスベガスやマカオでカジノを行うことは合法です。日本人が海外FX会社でFX取引することも同様です。

  • 英語ができなくても大丈夫?

    できなくてもご安心を

    日本人に人気のある海外のFX会社のほとんどで日本語サポートを充実させているところが多いです。日本語のメールサポートだけでけでなく、日本人スタッフを在駐させたり、海外のFX会社でありながら、日本語サイトのあるFX会社も少なくありません。わからないことがあったら、サポートを通じて問い合わせることをオススメします。

  • 詐欺や出金拒否はあるの?

    一部のFX会社であり。

    ただ、海外FX会社と言っても星の数ほどFX会社が存在している中で、詐欺まがいなことをしているFX会社はトレーダーが離れ、どんどん淘汰されています。FX会社が出金拒否や口座凍結をするメリットが何もありません。寧ろ、ブランド価値の低下を招き、トレーダーが離れるリスクのほうが大きいです。

  • スプレッドが割高?

    約定力では割安

    広告だけを見ると国内FXなら「ドル円0.3銭~」、海外FXだと「ドル円1.0pips(銭)~」といった具合に見た目的にはスプレッドが広いように見えます。ですが、この違い実際にはほとんどありません。理由としては、注文方式の違いです。国内FXは「OTC取引」、海外FX取引は「NDD取引」を採用しているからです。

  • 税金が不利になる?

    国内FXと比較すると不利

    税制面では国内FXと比べた場合、海外FX圧倒的に不利です。ただ、年間所得によっては海外FXの方が税金が安く済む場合もあります。専業でFXをやる場合、会社に勤めて給与をもらってFXをやる場合で年間所得の金額も変わると思いますので、国内FXと海外FXの税金の違いを把握し、どちらがいいかを判断するようにしてください。

  • 入金方法は?

    メインはクレジットカード

    クレジットカードでの入金であれば、国内のFX会社同様に即時入金が可能で手数料も0円(海外通貨での場合は為替差損が発生します)です。国内銀行送金に対応している海外FX会社も増えてきており、直近ではビットコインを使用した入金もできるようになっています。、入金方法によって手数料が異なるので注意が必要です。

  • 出金方法は?

    海外送金が多い

    海外のFX会社から海外の銀行を通じてご自身の日本にある銀行口座に振込をする仕組みです。ただし、各銀行によって異なりますが、数千円相当などの手数料がかかってしまうので、手数料を差し引いても利益がある状態でのときに出金しましょう。小額(1万円以下)で出金を行っていると手数料分で損をします。

  • 信託保全はあるの?

    一部でFX会社で導入済み

    全額または一部の金額を信託保全をしている海外FX会社もあります。信託保全の内容は各FX会社に任されています。ですので、一概に信託保全をしているから安心というのは過度な期待です。また、事業資金とは別に「分別管理」を謳うFX会社もありますが第三者の監査がないため不透明な保全方法です。

海外FX会社を選ぶ際の3つの基準STANDARD

海外FX会社にはいわゆる悪徳なFX会社も多く存在します。そういったFX会社に口座開設をしないように3つの基準を抑えて起きましょう。

  • ライセンス

    ノーライセンス業者の口座凍結や出金拒否の可能性が高いです。各金融ライセンス「CySEC」「FCA」「ASIC」を持っているFX会社を選択するようにし、入出金や取引の公平性を国家が担保していないFX会社とは取引しないようにしましょう。

  • 入金/出金の方法

    クレジットカードや銀行振込、ネッテラー・ビットコインといった複数の方法で入出金ができるFX会社が多いですがネット上の口コミで出金拒否や遅れがないことを確認し、少しでも出金拒否の可能性があるFX会社は避けましょう。

  • スプレッド

    国内FX会社のように極狭スプレッドを海外FX会社でも謳っているところがあります。ただ、実際の約定力が低く取引回数を重ねるうちに利益が少なくなることもあります。はじめに少額で取引をし、実際の約定力を見てから、本格的な取引をしましょう。

口座開設までの流れFLOW

4つのステップで海外FX会社に口座開設を完了させることができます。

  • STEP.01

    口座開設フォームに入力

    名前・住所・メールアドレスといった登録に必要な事項を記入します。

  • STEP.02

    口座ログイン情報を受け取る

    登録が完了すると自動でIDとパスワードが発行され、登録したメールアドレスに送られます。

  • STEP.03

    取引スタート

    メールアドレスに記載されているIDとパスワードを使用しログインします。

  • STEP.04

    必要書類を送る

    出金できるようにするために本人確認書類(免許書やパスポート)を撮影しメールで送ります。